為替カバーディーラーの裏の顔
某FX会社の為替ディーラーの趣味中心ブログ。ラグナロク・ガンダム・ガンプラ、広くて浅い趣味についてつらつら書いてます。 ※アフィリ・出会い系が大嫌いです。TB・コメント全て禁止設定します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
☆第3回 イザークとシホのココがヘンだよザフト軍☆
地球・ベルリン
ザフト兵 「撃て~、撃て~~!!」
ザフト兵 「怯むな、ココで食い止めるんだ!!」
ステラ  「てゃぁぁぁ!!」
ザフト兵 「うわぁ~!!」
ザフト兵 「ぐぁ~!!」
イザーク「動け!!動き回るんだ!!」
シホ   「動き回らないで撃ち続けると的になるだけです!!」
ディアッカ「ほらほら、そういうお前らもちゃん
       と動き回らないと直撃食らうぜ!!」

イザーク「・・・というわけで、
       今回は戦場のど真ん中からお伝えする!!」
シホ   「あの紫・・・堕とす・・・
       戦闘中ですから、十分な考察にならないかも
       しれませんが、よろしくお願いします」
ディアッカ「今日はオレも参戦するぜ!!よろしくな!!」

デストロイの映像をみるジブリール達
ジブリール「ふははははは・・・
       どうです圧倒的じゃないですか?デストロイは」
ロゴス  「確かに、全て焦土と化して何も残らないが・・・」
ロゴス  「何処まで焼き払うつもりなんだ、これで・・・」
ジブリール「そこにザフトがいる限り・・・どこまでもですよ・・・
       変に馴れ合う連中にはもう一度はっきりと
       教えてやりませんとね・・・我らナチュラルと
       コーディネーターは違うということを
       それを裏切るような真似をすると
       地獄に落ちるということを・・・」
イザーク「戦闘をワイン片手に高見の見学か!?こいつら!!」
シホ   「・・・自分の手は汚さず、汚い仕事をやらせるような者が
       なぜ実権を握ってるんでしょうね・・・ナチュラルは・・・」
ディアッカ「こういう奴らって、
       現場のこと全然わかってないもんな・・・いやになるぜ」

雲を切り、フリーダム登場
イザーク「ん!?フリーダムだと!?」
シホ   「隊長!!後方にアークエンジェルです!」
ディアッカ「へぇ、やっぱあいつらも動いてたか」
イザーク「悔しいが、奴のフリーダムは強いからな・・・」
シホ   「今回はこのデストロイと戦うんでしょうか?」
ディアッカ「だろうねぇ・・・戦場の火消しとでもいうのかねぇ
       ああいうのって」

モビルスーツに変形するデストロイ
イザーク「なにぃ!!変形だと!?」
シホ   「バケモノですね・・・・あの巨大MS・・・」
ディアッカ「あの大きさ・・・グゥゥレイトォ!!
       ・・・というか、ヤバくないか?アレ・・・」

一斉射するデストロイ
イザーク「ぐぁ!!」
シホ   「くぅぅぅ!!」
ディアッカ「がぁぁ!!」
イザーク「くそぉ!!機体が動かん!!おのれデストロイめぇ!!」
シホ   「すみません、隊長・・・ディープアームズも行動不能です・・・」
ディアッカ「悪りぃ・・・オレのザクもダメだ・・・」
イザーク「どうにもならんのかぁ!!」
シホ   「隊長!!アークエンジェルよりストライクとムラサメです!!」
ディアッカ「後はあいつらに任せるしかないのかねぇ」

デストロイに攻撃を集中するフリーダム
そこに攻撃を加えようとするカオス

スティング「モビルスーツの性能で強さが決まるわけじゃねぇ!!
       オマエはおれがぁ!!」
イザーク「・・・なんか、聞いたことある台詞じゃないか?」
シホ   「確かに・・・どこかで聞きましたね・・・」
ディアッカ「あぁ、わかったぜ。アレだ・・・ポチッっとな」
デュランダル「モビルスーツの性能の差が
       戦力の決定的な差
       ではない事を教えてやる!!」

イザーク「・・・また議長の声が;」
シホ   「なんだか、若い頃の議長の声ですね;」
ディアッカ「赤い彗星の頃の名文句だからねぇ」
イザーク「・・・というか、なぜレコーダーを持ってるんだ、貴様は!!」
シホ   「・・・盗聴用ですか?ディアッカさん・・・;」
ディアッカ「違う違う!!
       その・・・アレだ・・・今日の出演の為のSEだ!!」
イザーク「・・・手が込んでるな;」
シホ   「・・・実は、レギュラーの座を狙って、気合いれてきました?」
ディアッカ・・・ギクッ!!
       そっ・・・そんなわけねぇだろ・・・ハハハ・・・;」

ベルリンに駆けつけるミネルバ
戦況とフリーダム・アークエンジェルを見て

タリア   「流石、正義の味方の大天使ね。
       助けを求める声あらばってところかしら」
イザーク「いい例えだな・・・」
シホ   「・・・ちょっと皮肉も入ってますね」
ディアッカ「ウザいならウザいとはっきりいっちゃえよ、オバサン」
イザーク「・・・ディアッカ、仮にもフェイスで上官である人物に、
       オバサンはないだろう・・・」
シホ   「ディアッカさんも軍律を乱すつもりですか?」
ディアッカ「あ・・・すまん・・・
       (こいつらこういうところに厳しかったんだっけ・・・気をつけないと・・・)

フリーダムの一斉射をはじくデストロイ
イザーク「なんだと!?あのフリーダムの火力をもってしても
       ダメージをあたえられないのか!?」
シホ   「隊長!!インパルスとミネルバが到着しました!!」
ディアッカ「いいタイミングで登場してくれるねぇ・・・
       これも主人公特権って奴?」

インパルスのビームライフルがデストロイの脚部を撃つ
少しよろけるデストロイ
そして、集中砲火を避け、腹部を斬撃

イザーク「足元を狙うとは・・・シンの奴もやるな・・・」
シホ   「接近しての斬撃とは・・・確実にダメージを与えてますね・・・」
ディアッカ「へぇ、アイツもなかなか肝が据わってるじゃねぇか」
腹部のダメージでコックピット内のステラが負傷
追撃しようとするインパルスにネオのウィンダムが
直接接触回線でパイロットがステラだということを伝える。

イザーク「・・・なぜそこで敵同士が会話をしている!!」
シホ   「・・・乗せた本人が、なぜ自分が嘘をつきました
       というようなことをわざわざ言うのでしょう・・・」
ディアッカ「・・・なぁんか、気に食わないな・・・アイツ」
イザーク「いまさらそんなことを言ってどうするんだ!!」
シホ   「・・・偽善者ぶってるんですかね・・・最低です」
ディアッカ「まぁ、良心が働いたとも見れるけどな」

フリーダムのレールガンで、更にデストロイにダメージ
止めに入るネオのウィンダムをフリーダムが撃墜
外に投げ出されるネオ。そこにマリュー達が。

イザーク「・・・遂にご対面というわけか・・・」
シホ   「流石に驚きの表情ですね」
ディアッカ「・・・ってか、あのオッサン生きてたのか?あれで?」
イザーク「・・・なんだか、製作者側の大人の都合が
       入ってる気がしてならないぞ」
シホ   「・・・人気キャラの死亡を死んでませんでした
       という設定にする、アレですね・・・」
ディアッカ「・・・虎のオッサンも復活してたしな・・・
       ムウのオッサンも生きててネオやってたってか?
       ちょっと矛盾してないか?これは」
シホ   「・・・あのウソツキ、私が堕とす前に落とされましたか・・・
       ちょっと残念です・・・」

離脱しようとしたスティングのカオス
ムラサメのコンビネーションアタックで撃墜

イザーク「・・・ここで、第二の死亡者がでるか・・・」
シホ   「・・・ライバル機が、主人公機に倒されないほど
       虚しいものはないですね・・・」
ディアッカ「主人公と戦って、散るのがライバルだろうに・・・
       量産型にやられるか?普通・・・」

ネオとスティングを撃墜され、暴走を始めるデストロイ・ステラ
ステラ  「・・・・だめ・・・・・いやぁあああ!!!」
攻撃しようとするフリーダム・止めるインパルス
ステラ  「いやぁぁぁ!!!・・・しぬのはだめ・・・こわい・・・・」
シン   「君は死なない!!!君は俺が!!俺が守るから!!!」
ステラ  「・・・シン」
魂で抱き合うシンとステラ
そこにウィンダムを堕としたフリーダムの影
再び動き出すデストロイ
シンの制止も届かない
パワーチャージ中の胸部ビーム砲にフリーダムのビームサーベル
口部ビームを放ちながら崩れ落ちるデストロイ

イザーク「・・・トドメはフリーダムか・・・
       おいしい所を持っていくな・・・アイツは・・・」
シホ   「・・・ただ、あそこで討たなくてもよかったんですがね・・・」
ディアッカ「ってか、アイツが視界に入ったから
       あの女暴走したんじゃねぇか?」
イザーク「・・・確かにな」
シホ   「シンとネオの狭間で彼女の心が揺れ動いていたのに・・・」
ディアッカ「キラの機体が見えちまったから
       ネオの言葉が甦ってしまったんじゃねぇか」
イザーク「・・・アイツは疫病神か!?
       なんだか大した活躍もしてないのにおいしい所を
       持っていって、あまつさえ、恋仲まで裂くのか!?」
シホ   「・・・ただ、あのデストロイという機体がネオのことで、
       彼女の思考を縛り付けてたのかもしれませんね・・・」
ディアッカ「・・・まるでZのサイコガンダムじゃねぇかよ、それじゃ」

瀕死のステラを抱き起こすシン
シン   「ステラ・・・ステラ!!どうしてこんな・・・」
ステラ  「シン・・・あいにきた・・・
       シン・・・ステラ・・・まもるって・・・シン・・・すき・・・」
絶命するステラ。
泣き崩れるシン。
妹の死と重なるシンの思考。
シンの絶叫

イザーク「・・・くぅ!!なぜそこで殺すんだ!!」
シホ   「・・・恋仲の人の死を見取るのは・・・酷ですね・・・」
ディアッカ「・・・なぁ、これってZの流れだよな?そうだよな?」
イザーク「・・・・・・、貴様は少し黙ってろぉ!!(バキッ!!」
シホ   「悲しみに暮れているのに、邪魔しないでください!!(バキッ!!」
ディアッカ「痛ぇ!!痛いって!!うわ~!!
       (バキッ!!グシャ!!ベキッ!!ドゴォ!!)・・・・・・」
・・・・・・・・・・・・
イザーク「・・・落ち着いた」
シホ   「・・・ですね」
ディアッカ「・・・オレはストレス発散要員か・・・?」
イザーク「・・・というわけで、
       ライバル役が全員戦闘不能になったな・・・」
シホ   「次回から、新たなライバルと機体が出てくる・・・
       ・・・という流れですね」
ディアッカ「そして、主人公にも新しい機体が・・・
       ・・・ってところだな」
イザーク「・・・実際、ステラはあそこで死ぬ必要があったのか?」
シホ   「愛しい人との永遠の別れはとても辛いですが、
       増長したシンには、いいお灸になったのでは?」
ディアッカ「それでおとなしくなるような奴じゃなさそうだがな・・・」
イザーク「シンの事だから、ナチュラルを全て滅ぼす
       って言いそうな気もしなくもないな・・・」
シホ   「デスティニーを手に入れたら、本当にやりそうですね・・・;」
ディアッカ「全く・・・いいねぇ・・・
       主人公クラスの皆様は・・・
       俺たちの専用機なんて、もうないのかねぇ・・・」
イザーク「・・・俺の機体も今日大破したしな・・・
       グフでも青く塗って専用機にするか・・・」
シホ   「隊長との思い出の詰まった
       ディープアームズも壊れてしまいました・・・」
ディアッカ「なんだか、ミネルバには
       レジェンドガンダムとか言う奴が配属されるみたいだな」
イザーク「・・・ああ、クルーゼ隊長のプロビデンスの改良型か?」
シホ   「ドラグーンの改良型を装備しているみたいですね」
ディアッカ「新型ラッシュで羨ましいねぇ」
・・・・・・・・・・・・
ディアッカ「・・・そうだ!!」
イザーク「・・・ん?
シホ   「どうしたんですか?」
ディアッカ「俺たち三人で、
       新型のドムみたいの乗らないか?」
イザーク「ああ、OPのあの機体か・・・」
シホ   「なかなかスペック高そうな機体ですね」
ディアッカ「それに乗って、ジェットストリームアタックしようぜ!!
       そうすれば、グレイトな戦いできるぜ!!」
イザーク「・・・それもいいかもな」
シホ   「・・・で、仕掛ける順番は?」
ディアッカ「先頭がイザーク・二番目がオレ、最後がシホだ」
イザーク「・・・ん?まてよ、そうなると・・・
       「俺を踏み台にしたぁ!?」って俺がいうのか!?」
シホ   「・・・あの、台詞もなく私は死ぬんですか・・・?」
ディアッカ「・・・あっ、・・・いや、そうじゃないんだけどな・・・;」
イザーク「・・・で、全員死ぬ気か?貴様は・・・
       その前に、お前、シホを殺す気か・・・(怒」
シホ   「私を殺して、隊長との仲を深めようとしてるんですか?
       ・・・男のクセに、私と隊長の仲を嫉妬してるんですか?」
ディアッカ「・・・そういうつもりじゃなかったんだ・・・ハハハハ・・・;」
イザーク「・・・ディアッカぁ!!貴様ぁ!!」
シホ   「・・・お仕置きです(怒」
ディアッカ「お、おい待てよ・・・二人とも・・・うわぁ!!
       (バキッ!!グシャ!!ベキッ!!ドゴォ!!)・・・・・・」
・・・・・・・・・・・・・・・
イザーク「では、戦場より3人でお伝えした」
シホ   「また来週お目にかかりましょう」
ディアッカ「・・・・・・また来週!!
       ・・・って、オレは出れるのかな・・・;」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとさんです。
いゃぁ、なんだかだんだん種デスのブログ書くことが無くなってきたさ、今回もほんとごまかしのような。gifアニメの題材も冴えないなとは思いながら、また乗ってくる時を待つかと。
ブリストルさんはよくこれだけ書けるよね、空想で!
そうそう、オクレ兄さんのセリフあれ何だか引っかかってはいたんだけどシャアの台詞だったのココ見て思い出した。
2005/05/29(日) 21:51:31 | URL | ぱるこ館長 #-[ 編集]
作品は1%のひらめきと99%の妄想です(マテ
コメントどうもです~ =w=)/
いや・・・コレだけ妄想するのも、実はかなり時間がかかるんですよ・・・;
コレを始めてから、土曜はデスタネの見返し、ネタ抜粋・・・草案作り・・・
日曜はネタ描きと、文字だけなのに2日も掛かってしまうんですよ;
一時期は、台詞全てを文章化してたりもしましたし・・・;
けど、世の中は広いもので、
Flashアニメでいろいろやってる方もいますよ~
「保健所」様とか、「おっちゃんの唄」様とか・・・
多分ググればすぐヒットするとおもいますよ~
見たこのなければ、一度見てみてください
2005/05/29(日) 22:07:58 | URL | ブリストル #X.Av9vec[ 編集]
どもー
戦場コント、楽しませていただきましたw

モビルスーツに乗っているはずの彼等が野戦服を来て小銃構えてる姿を妄想してしまう私はドリフ好き(爆)


TB2連発してしまいました・・・先の方はデッドリンクなので消してしまって下さい。
ご迷惑おかけしてすみません。
2005/05/30(月) 22:41:18 | URL | 四方堂綾瀬 #SFo5/nok[ 編集]
消しときました~
感想どうもで~す =w=)/

「ドリフ好き」・・・なるほどw
今度機会があれば、ネタの一つに伝統芸能の「タライ落とし」や「志村後ろ後ろ~!!」などを組み込めたら、組み込んでみましょう・・・フフリ
2005/05/31(火) 05:25:01 | URL | ブリストル #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bristle.blog6.fc2.com/tb.php/62-961cf006
この記事へのトラックバック
ああ、ステラついに死にました。泣きながら戦ってるのは見てるのつらいような感じでし
2005/05/29(日) 20:44:00 | 大人のホビー館 (ぱるこdeブログ)
「カガリ様!我らも出撃を!」「アマギ一尉!?」「この戦い、オーブのためではありませんが、これをこのまま見ていることも出来ません!」「よし、いくぞ!」「パイロットでない我らも尽力いたします!」「すまない・・・頼むぞ!」
2005/05/30(月) 16:13:35 | 虚辛会日報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。