為替カバーディーラーの裏の顔
某FX会社の為替ディーラーの趣味中心ブログ。ラグナロク・ガンダム・ガンプラ、広くて浅い趣味についてつらつら書いてます。 ※アフィリ・出会い系が大嫌いです。TB・コメント全て禁止設定します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
☆第二回 イザークとシホのココがヘンだよザフト軍☆
izashiho02-1.gif
シホ   「ああ…あの仮面の人のシャワーシーンなんて…(ポッ
イザーク「…シぃホぉぉ~~!!」
シホ   「あ、失礼しました;」
イザーク「…(あのネオといかいう男、いつか殺る……オレのシホを!!)
シホ   「けど、一番カッコイイのは隊長ですからね♪」
イザーク「…なにをいまさら(
シホ   「っと、いつまでノロケてるんですか。今日も調査ですよ?」
イザーク「いや、ノロケてたのはシホの方だろ;」
シホ   「…何か?(キラーン)
イザーク「い…いや、なんでもない;」
シホ   「では、始めましょうか」
イザーク「…ああ、そうだな…;」
イザークoO○(シホの手に黒光りした鉄塊が…;ここは流さないと;)


イザーク「…というわけで、二回目の調査報告。
       略して「イザシホのココヘン」だ。」
シホ   「今回はあまり突っ込むところが見当たりにくいですね」
イザーク「…だな、シナリオがわりとしっかりしてた気がするな」
シホ   「なんだか最近、しっくり来るものはありませんでしたからね」
イザーク「妙なシナリオのまま殺された人気キャラもいるしな」
シホ   「アウル・ニーダ・・・ですか?」
イザーク「…敵ながら、アウルに合掌だな…」
シホ   「…おしい人を亡くしました。」
イザーク「…では、2分の前回の回想は無視して、本編だな。」
シホ   「…ですね。回想しなくてもわかるんですけどね」
イザーク「…回想シーンは大人の都合って奴だろう、時間調整の」
シホ   「…新しい部分・本編が短すぎた…とかですか?」
イザーク「まぁ、そんな感じだろう…ってことで。」

シンの罪状
・勝手な捕虜の解放
・クルーへの暴行
・モビルスーツの無許可発進
・敵軍との接触

イザーク「…銃殺だな、これは。」
シホ   「軍法第三条G項他…ですね」
イザーク「どうも、この項目だけ見るとスパイ容疑そのものだな」
シホ   「確かにそうですね。言ってはいませんが、
       スパイ容疑そのものですよね」
イザーク「…まぁ、ステラとかいう奴を人間としてではなく、
       物扱いしてたミネルバクルーにもシンの言うように
       落ち度はあるな」
シンの言葉
シン   「解剖したときにデータが取りにくくなるとか、あんなのとか、
       あの子が死ぬってことを誰も気にしない!!
       地球軍だって酷いけど艦長たちも一緒です!!」
シホ   「確かに言い方は物扱いでしたが、
       治療はできる限りはしてましたね。ルナと同じ医療室で。」
イザーク「……ただ、仮にも捕虜なのに、クルーと同じ場所
       っていうのも、今思えばおかしくないか?」
シホ   「…そういえばそうですね…;
       …とりあえず、それだけ重傷だったということで;」
イザーク「まぁ、司令部からの命令を実行できなくしたシンには、
       基地到着まで営倉入りは当たり前だな」
シホ   「その後、正式な軍法会議でしょうね」
イザーク「…この状況で無罪を勝ち取れるのは、
       日本という国の「成歩堂」という弁護士しか
       いないだろうな・・・」
シホ   「あっ、聞いたことあります。確か・・・
       ( `⊿´)σ<異議あり!!っていう・・・」
イザーク「そうだ。「逆転の成歩堂」しかできないだろうな・・・」
シホ   「・・・銃殺でほぼ確定ですね・・・
       裁判長がサイバンチョでない限り;」
イザーク「・・・だな;」

営倉内・シンとレイの会話
シン   「ごめん」
レイ   「なにがだ?」
シン   「え、いや、だって…」
レイ   「お前に詫びて貰う理由などない」
シン   「え?」
レイ   「オレはオレで勝手にやったことだ。無事にかえせたのか?」
シン   「うん」
レイ   「なら、よかったな」
シン   「うん、ありがとう」
(てんてれてれてれて~ん♪(好感度UP↑↑)
イザーク「・・・なぁシホ。
       今、なんか効果音なってなかったか?」
シホ   「・・・?
       いえ、私にはなにも・・・」
イザーク「・・・なんか好感度が上がった音がしたような気がな・・・」
シホ   「・・・サクラ大戦のやりすぎですよ、多分」
イザーク「・・・だといいんだが;」
シホ   「しかし、久々のレイの出番ですね」
イザーク「しかもカッコイイ台詞をいってるしな。
       では、ここで別人が同じことを言った場合を検証しよう」
ディアッカの場合
ディアッカ「グゥゥレイトォ!!よかったなぁ!!」
イザーク「・・・」
シホ   「・・・」
イザーク「・・・忘れよう」
シホ   「・・・忘れましょう」
イザーク「・・・似合わないな」
シホ   「・・・似合いませんね」
ニコルの場合
ニコル  「そうですか、よかったですね」
イザーク「・・・似合ってる」
シホ   「・・・似あいすぎです」
イザーク「・・・クッ!!アイツは俺たちの心の中で生きてる!!
       それを忘れるな!!」
シホ   「・・・っ!?はい・・・;;」
イザーク「・・・にしても、どこかで聞いたフレーズだな・・・」
シホ   「・・・はっ!?もしかして・・・・・・;」
レイ   「そう、よかったわね」
イザーク「・・・これだ;」
シホ   「・・・レイはレイでも、汎用人型決戦兵器のパイロット・・・;」
イザーク「・・・人造人間、クローン人間のほうのレイだったか・・・;」
シホ   「・・・クローン人間・・・・・・;
       確かに彼女と彼は雰囲気が似てますね;」
イザーク「・・・どうやら、我々はタブーに触れそうだ;」
シホ   「・・・この話はなかったことにしましょう;」

同・営倉内 シンとアスランの会話
アスラン「シン」
シン   「なんですか?」
アスラン「いや、すまかったと思って。
       彼女のこと君がそんなに思いつめてたとは思わなくて」
シン   「ああ~、別にそんな思いつめてたって訳じゃないですけど。
       ただイヤだと思ったたけですよ、
       ステラだって被害者なのに…
       ・・・なのに、みんなそのことを忘れて、
       連合のエクステンテッドだって、
       死んだってしょうがないみたいに」
アスラン「だがそれも事実ではある彼女が連邦のパイロットであり、
       彼女に討たれたザフト兵もたくさんいるというのも事実だ。
       君はそれを」
シン   「それは…その…。
       でもステラは望んでああなったわけじゃない。
       わかってて軍に入った俺たちとは違います!!」
アスラン「…ならばなおのこと、
       彼女は返すべきじゃなかったのかもしれない。
       自分の意思で戦場を去ることができないのならば、
       下手をすれば、また」
(てろろろろ~ん…(好感度DOWN↓↓)
シン   「じゃぁ、あのまま死なせればよかったっていうんですか!?」
アスラン「そうじゃない!だがそれでは何の解決にも」
シン   「あんなに苦しんで、怖がってたステラを!!」
アスラン「シン!!」
シン   「それにあの人は約束してくれた!
       ステラをちゃんと、戦争とは遠い、
       やさしい世界に帰すって!!」
アスラン「だから自分のやったことは
       間違っていないという気か君は!?」
(てろろろろ~ん…(好感度DOWN↓↓)
シン   「オレだって!!」
レイ   「シン、もうやめろ。アスランももういいでしょう
       今そんな話をしたって何もならない。
       終わったことは終わったことで、先のことはわからない。
       どちらも無意味です。
       ただ祈って明日を待つだけだ、俺たちは皆。」

イザーク「・・・また効果音が・・・
       しかも二回も聞こえたぞ・・・」
シホ   「・・・今回は私も聞こえました;」
イザーク「・・・サクラ大戦はVが出るまでやってないぞ?」
シホ   「・・・何ヶ月もやってないんですけどね;」
イザーク「・・・完全にサクラが染み込んでるようだ;」
シホ   「・・・ただ、それだけわかりやすい反応ですけどね;」
イザーク「・・・にしても、シンの奴は言動が子供っぽいな」
シホ   「スキなんだからしょうがないだろ!?
       みたいな勢いですよね」
イザーク「まったくそうだな・・・、
       ただあの真っ直ぐさは見習うべきところはあるがな
       (もしシホが死にそうだったらオレも同じことをするだろうし・・・(ボソッ)
シホ   「その意味ではシンは正しいのかもしれませんね・・・
       (私も隊長が死にそうなら同じことをするでしょうから・・・(ボソッ)
イザーク「・・・」
シホ   「・・・」
イザーク「・・・うっ
シホ   「・・・あっ
イザーク「・・・に・・・・にしても、レイの奴、いい仲裁だな;」
シホ   「・・・そ・・・そうですね、流石です;」
イザーク「・・・;」
シホ   「・・・;」

司令部から艦長へ 特1暗号電文
「拘束中のエクステンテッドが『逃亡の末死亡』
したことは真に遺憾であるが、貴艦のこれまでの功績と
現在の戦況をかんがみ、本件については不問に付す。

クルーA「不問だって?」
クルーB「え?嘘?あれで?」
クルーC「司令部が?」
クルーD「やっぱスーパーエースだもんなぁ」
イザーク「下士官の上官に聞こえる陰口も問題だが・・・」
シホ   「・・・逃亡の後死亡と不問に処す・・・ですね」
イザーク「・・・下士官風に言うなら、こんな感じだな」
シホ   「不問ですって!?」
イザーク「なぜだ!?あの状況でか!?」
シホ   「司令部が、なぜ・・・」
イザーク「やっぱ主人公だからか!?」
シホ   「・・・こんな感じですね;」
イザーク「・・・正しくそうだな・・・;
       禁断の裏技『主人公だから』がでるとは・・・」

シン   「ご心配おかけしました。もう大丈夫です。
       色々ありがとうございました。(棒読み)」
アスラン「いや」
シン   「司令部にもオレのことをわかってくれる人は
       いるみたいです」
アスラン「っ!?」
シン   「アナタの言う正しさが、全てじゃないってことですよ」
シン   「では…(ニヤリ」

イザーク「・・・なんだ?このドス黒い感情は・・・」
シホ   「・・・多分、殺意かと・・・」
イザーク「・・・そうか、オレはシンに殺意を抱いたのか・・・」
シホ   「・・・無礼にもほどがあります」
イザーク「一瞬でも見習おうとしたオレが愚かだった」
シホ   「…そろそろ伸びきった天狗の鼻を折らないといけませんね」

イザーク「・・・!? ぐぅぅ・・・!!」
シホ   「・・・うぅ・・・もう限界です、たいちょぉ;;」
イザーク「流石に監督の起床時間が24時間回ればな・・・;」
シホ   「・・・データの消滅がなければよかったんですが・・・;」
イザーク「・・・というわけで、続きは第2.5回で・・・」
シホ   「・・・すみません、では・・・」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SEED関係ないですが
(;゚∀゚)<ROでタバコ返すの忘れて落ちちゃいました。忘れなければ会った時に返しますが、忘れていたら言ってください。
2005/05/22(日) 11:29:56 | URL | ひかげ #DdiHOXp.[ 編集]
ディアッカは?(´_ゝ`)
シホを知らないのでイメージは沸かないのはあれですが、イザークはこーいうこと考えて、このままのことを言ってそうですねぇ。
ところで、イザークとシホは付き合ってるんですか?(・3・)

逆転裁判DSに期待してます(感想関係ねーー(´д`)
2005/05/22(日) 16:14:38 | URL | かりぷそ #JalddpaA[ 編集]
=w=)/コメントども~
まぁ、公式的にはイザ×シホという設定はなかったんですが、
ゲームの~終わらない明日へ~で、恋人風に描かれていて、
それを見た人たちが恋人同士と設定をつけたみたいです。
(恋人同士の設定が巷で作られてからゲームだったかも;)
最初はシホも一般兵士と同じ扱いだったんですが、
あまりにも「この子だれ?」というような問い合わせが多くて、設定が加わり、
外伝的な物に出るようになったようですよ~

・ちなみに、ココでの設定はイザシホは恋人同士という方向で =w=)ъ
2005/05/23(月) 03:02:44 | URL | ブリストル #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bristle.blog6.fc2.com/tb.php/54-d460912f
この記事へのトラックバック
あらら、ネオまでシャワーシーンですか 婦女子向けサービスカットですね ネオ萌えな
2005/05/22(日) 10:19:03 | 大人のホビー館 (ぱるこdeブログ)
極寒の地、ロシア平原。連合軍地上空母ボナパルト、その仕官室。「では大佐、デストロイのスペックを説明致します」「頼む」
2005/05/22(日) 11:16:51 | 虚辛会日報
チャンドラとミリアリアの「天使湯」についての会話が1番気になりました(いいんだろうか、そんなんで?いや、良い「これは…来週にも入るのかミリアリアっ?ヽ(〃∇〃)ノ」てことで、ネオのはつまんないんで描きません(・3・)ミリアリアが入ってたらマリューさんも来ちゃっ
2005/05/22(日) 14:50:07 | 焼きプリン定食
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。